読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心頭滅却すれば火もまたスズシ

わるあがきはじめました。

31

2013-05-05 02:28:45 

 

魚との駆け引きである。

 

なんてレベルには、達する気はない。

ただ、糸を垂らす。

 

風とか

波とか

食いとか

 

考えない、考えない。

 

現代の一休さんは、まずこんなことを言いだしそう。2秒で破門だ。

 

 

ツリこそ

ツリをしている事実、に満足する娯楽だ。

 

東京に来てからよけいそう思う。

遠いし汚いし臭いし

 

海はもっと、

人間に近いところにあるべきじゃん

そうじゃん神奈川じゃん。

 

 

海に糸を垂らしながら突然竿を左右に振る

そのとき感じる水の抵抗が

陸では感じられない手ごたえで

それを

海の生命そのものだと。

 

なんの生産性もないこの動きを

楽しんでしたものだった。

 

あぁ海に帰りたい。

海こそ実家だと

年に4回くらい思う。(冬場を除く)

 

 

ツリ番組の感想でした。

一日、死んだ、魚の目。