読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心頭滅却すれば火もまたスズシ

わるあがきはじめました。

70

2013-06-23 23:43:33 

 

中学の友人と徹夜で飲んで、

ちょっと寝て、思うに

自分のベースは中学かもしれないな。

 

人数がばかに多い田舎の公立中学は

社会の縮図そのものです。

 

恐ろしくばかがいて、恐ろしく天才がいて、

あいつに目つけられると厄介だし

こいつはみんなからいじられてるし

無言のうちのスクールカースト

そんな横文字、オラが村には必要ねぇべ

横文字持ってきて深刻にすんのはやめてくれ

昔っから1、2、3軍あったべや。

 

僕も僕で

役を考えて、ニーズに応えて、身をこなす。

誰に教わるでもなく学んでいく、場所でした。

3年てちょうどいいな。

 

高校や大学は結局デキル大人ばっかだから

ラクなんだな、自分が。

 

例えば、今この歳で、

高校や大学の友人に子どもができたら、なんなら引いてしまうけど

中学の友人になら、笑っておめでとうと言える気がする。

 

下に見ている、ではなく

むしろ、社会を勉強させていただきます。なんだな。

 

感覚的にも。

中学くらいが美化しやすい、思い出。

21が振り返る15としたら、

この先いつでも6、7年前が、味付けしやすいのでしょう。

間隔的にも。

 

14歳っていうジュニアさんの本を読みたくなりました。