読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心頭滅却すれば火もまたスズシ

わるあがきはじめました。

71

2013-06-24 00:27:03 

 

自分の復活法を、以前書いた。

今回はさらに、自分が、キリカエるときの、方法を。

 

 

1,銭湯

 

都内450円。

風呂上りのコーヒー牛乳120円と合わせてもお安い。

 

何より、体に対する水の量が、家の比じゃない。

足が伸ばせるももちろん、僕は洗い場も好きだ。流しまくるのが好きなのだ。

脳内再生はDon't Stop Me Now

これセックスの曲らしく、そういう意味でもお風呂にモッテコイじゃないか。

 

温泉も好きだけど、同じくらい銭湯も好きな、ワカラナイやつ。

近所に2つ

大学の通学路に2つ

大学で出会えてよかったものの1つ。

 

大舞台がやってくると、

前に入るもよし、後に入るもよし。

銭湯の良さを知っている人間として、十分な誇りを持っている。

 

 

2,松屋

 

これまた

近所に2つ、

大学の通学路に3つ

大学で出会ってよかったものの1つだ。

 

僕のからだの5分の1くらいは、280円の牛飯でできている。

ちょっとした投資をすることで

お前貴重な牛肉を食ったのだからこの後頑張るんだろうな、あ?

と、プレッシャーをかけられる。

 

4桁もするうまい飯は、純粋に楽しみたい。

280円だからこそ、かけられるプレッシャーが、ある。

 

いやしかし、280円のプレッシャーなんてあってないようなものだ、確かに松屋で牛飯を食ったが、眠いから午後の講義は寝てやる。

なんて体が言う日には

100円のサラダをつけてやる。

松屋は、自分を戦わせるのに、いい場所だ。

みんなの食卓でありたい、なんてでっけぇ夢を語る店内放送に、刺激されるしな。

 

 

3,爪切り

 

これは我が家に1つしかないし、

それでいいと思っている。

 

自分から汚い部分を取り除くイメージが好きなのだ。潔癖ではない。

例えば、爆発寸前の宇宙船から、脱出ポッドで逃げ出すような。

いや、これだとサイズ比が真逆だな。

トカゲの尻尾切りとでも言おうか。バイバーイ、なのだ。

 

学生ナナフシギの1つ

徹夜すると爪の間が黒くなる。

僕らは絶えず爪を切ることで、この謎に立ち向かうのだ。

 

爪切りに関しては自分が野球でピッチャーをやっていた経験がでかい。

硬式はすぐ爪にくるから、切った後もヤスリで爪をゼロに近づける作業をする。

僕が高校野球の名将なら、ネイルをキレイに塗った女性は、絶対に甲子園ではマウンドに上げない。

 

えー

野球の投手とかけまして

セックスととく、その心は

 

どちらもやる前に爪を切ります。

 

 

お後がよろしいわけねぇだろばーか。

1回のブログにつきセックスは1回までという規則を破ってしまったので

反省いたします。