読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心頭滅却すれば火もまたスズシ

わるあがきはじめました。

80

2013-06-29 01:52:55 

 

コンフェデレーションズカップ

ヨーロッパのサッカーの監督の談話はやたら「美しい」を用いますね。

日本の野球の監督の談話は「泥臭い」でしょうか。

 

野球がしたい、と思うことはしょっちゅう、でも

その、時々で、何がしたいか微妙に異なる不思議。

 

ノックを受けたいのか?

それはゴロなのか?フライなのか?

ゴロだとしたら、内野手の型でとるのか?外野手の型でとるのか?

 

バッティングがしたいのか?

直球がいいのか?変化球がいいのか?

右ピッチャーか?左ピッチャーか?

 

あ、直球って日本独自の言い方らしいですよ。

アメリカでは速球。

日本人のストレートがいかにキレいかってもんですよ。

 

あーごめんなさいね。

どうしても、サッカーより野球の方が奥が深いんで。

 

 

僕は、今夜は、投げ込みたいです。

体力作り、肩の地力をつけるのもそうですが

投げ込まなきゃ、課題が見えてきません。

 

ハリが背中の肩甲骨あたりにきたら、超×4イイ感じ

肩の前側にきたときは、不安で仕方ありませんでした。

 

イップスのときこそ、投げ込むべきだよ。

と、高校時分の自分に遅ればせながらアドバイス。

パラレルワールドで受け取って。

 

なんなら、指先にマメができるのが嬉しかったもの。

これだけ全身ある中で、こんなちっぽけな部分まで、身体を余さず使っているのだ、と。

カニだったら、食ってもらえずに終わる部分だよ。

 

 

今日、先輩とキャッチボールをしたのでこんな感じに仕上がっています。

例えば

「野球は上手いヤツほど、悩む。」

というのは、僕は上手くない側だったので、分からないはずなのに、

あるある、と言ってしまいました。

そんな、感じです。

 

あ、天井に向かってボールを投げてボールの回転確かめるやつ

あれ、イップスを促進させるっぽいんで止めたがいいですよ。

 

今度、もっと広いところで、野球やりましょう。