読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心頭滅却すれば火もまたスズシ

わるあがきはじめました。

103

2013-07-30 00:19:21 

 

なんとなく書きたくなったから、

関係者に迷惑がかからない程度に

「やってて楽しかったネタベスト3」を発表します。

知らんがな、だとは思いますが

沸かした麦茶が冷める間にでもお読み下さい。

 

 

第3位

2011/2 シャッフル漫才@1年ライブ

 

初めて他人が書いたネタ。

自分じゃ思いつかない視点に、シャッフルの楽しさを知る。

正直どう面白くなるか見えなかったよれよれの台本から、本番あんなウケるなんて、やはり彼はすごかった(後の副代表)。

人のネタだからミスができない、かつトリ前というプレッシャー。

見事に呑まれて、後半少し噛んで本当にすいませんでした。

 

 

第2位

2012/7 トリオ漫才@京都遠征

 

これもシャッフル急造トリオ、後輩2人と舞台に立つ。

後に下の代の代表になるヤツがこれまたイカレてて

「先輩とこいつが漫才してる横で、自分手話してますんで!」っていう設定の勝利。

ちょっとした漫才は僕が作り、後輩はひたすら手話の練習。

7パターンくらい覚えて使いまわして。

ただ不安だったから「フランス」というワードの手話だけ乳首を出そうって。

結果、合同ライブで1位を取る快挙がひたすら気持ちよかった。

学祭でまたやれたらいいなー。

 

 

第1位

2012/6 シャッフルトリオコント@6月ライブ

 

一言、同期3人でふざけまくりました。

言っちゃうと、韓国料理屋でトッポギ頼んでるのに、ずーっとサンチュがくる、っていうだけ。

なんのひねりもなく頭も使わず、舞台をサニーレタスで散らかすのは最高に楽しかった。

身内に走ってしまったのはよくなかったから反省しつつ。

 

 

結論、正規コンビのネタって結局うーむ

真剣だったし、それなりに頭悩ませたから。

0→1が本当に本当に苦手で才能無くてうんこちんちんで、

その分、修正改良の日々でした。

 

 

こんなこと書くのは、そう

また、やりたくなってきているのです。