読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心頭滅却すれば火もまたスズシ

わるあがきはじめました。

107

2013-08-01 21:45:27 

 

ゲゲゲの鬼太郎』が大好きだった。

日曜9時のアニメが終わるとき、泣いた。

 

続いた『ひみつのアッコちゃん』が面白かった。

日曜9時のアニメが終わるとき、また、泣いた。

 

好きなアニメが終わるってことが、どれだけセカオワか、僕は知っている。

泣いてるときに聞こえた「そろそろオトナになれってことだな」っていう親父の言葉も覚えている。

 

しかし、呼び戻したのも親父だった。

「おい、また新しくおもしろそうなのやってるぞ」

この言葉がなければ僕は、いまだに何回も見返すくらいハマるアニメに出会わなかった。

 

 

今日8月1日は『デジモンアドベンチャー』の日である。

 

8月1日に主人公たち(選ばれし子ども達)がサマーキャンプに行ってそこから長いようで短いひと夏のデジタルワールドでの大冒け…

それくらい調べといてよ!

 

デジモンに関しては、

いちばん最初が、いちばん面白い。

 

ウィキぺディアもくすぐってくる。

・コンセプトが「ポケモン卒業生集まれ」

・「みんな均等に見せ場があり、敵を倒す回数もほぼ同じ」

ほうほう、ほほう。

 

悪役の絶望感と、それを乗り越える主人公の成長。

全員に見せ場がある練りこまれたストーリー、キャラクターの個性。

一気に心掴まれる主題歌『Butter-Fly』

ナレーションも、BGMも、タイトルも、

全54話実にムダがない。

 

タイトルがかっちょよくて

「熱いぜ東京タワー!」と読み上げられたら

「デスメラモン」と歌留多ができるくらい全タイトルが焼きついている。

 

 

選ばれし子ども達それぞれに「勇気」「友情」「愛情」など特質があってそれが成長したときにパートナーデジモンが進化するっていう進化の条件が

あ、これはちゃんと予習したのね、先に言ってよ!

 

この秀逸な設定がよく表れた

デジモンアドベンチャー第22話の次回予告で締めます。

これ、別にこのために覚えたのではなく、高校時代からやっていたマネです。

 

『Butter-Fly』のインストゥルメンタルバージョンを思い浮かべて、どうぞ。

 

 

 

捕らわれた丈を救うため、レストランで働くことになったヤマト。

しかし、度重なる丈の失敗は友情に深い溝を刻む。

「なんとかしてヤマトに応えたい。」

タケルを助けるため、命がけで戦う丈。

その姿にヤマトの心が震えたとき、ガルルモンの新たな進化が爆裂する!

 

次回デジモンアドベンチャー

「友よ!ワーガルルモン」

 

今、冒険が、進化する。