読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心頭滅却すれば火もまたスズシ

わるあがきはじめました。

110

2013-08-05 23:21:53 

 

こういう見方もありますよ。

これはこういうことなんですよ。

 

人の意見の振り翳しやすさを改めて感じた『風立ちぬ

果たして、オリジナルをひねり出すことができるのか。

 

 

前半、とことんハマらなかった。

右にも左にも動かない感情

動くのは、お尻の重心だけ。

 

どうして僕はここにいるのだろう。今見ているこのキレイなアニメーションはなんだろう。僕は誰なんだろう。

賛をみても否をみても、どっちのベクトルもゼロから遠いこの映画で、

あぁ僕はハマらない側なのか、と

それだけ、前フリが長い。

 

ふたりが再会してから僕はピタッと時が止まり、ラストまでかける。そういう意味でおもしろい映画だった。

 

 

これは、

映画の「ポップコーンを食べる時間帯」の統計にも表れている。

最初っからポップ!コーン!と数十分間ずっと口に運び続ける人…87%

中盤から一気にはまりだすとその割合は2%まで下がり、

ユーミンの曲が流れ始めて慌ててかきこむ人…65%

 

そういう映画だ。客席に、耳をすませば

 

 

答え合わせで言うならば

結核患者の前でタバコを燻らすシーンは相当に予想を裏切られ感動した。

 

泣きはしなかった。

もらい泣きを意識しすぎてるのか、登場人物がすぐ泣く。主人公の周りの人物がみな「ジブリの涙」を流す。

ジブリらしさ、と、現実、が上手くミックスされた映画だ。

 

 

終わった後

自分は余韻に浸っていると、思い込みたい映画だ。

理解していると思いたくて思われたい映画で、

たっぷり味わったと、思い込みたい映画だった。