読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心頭滅却すれば火もまたスズシ

わるあがきはじめました。

123

2013-09-02 11:28:45 

 

そうは言っても

月曜の朝に

2週分書いちゃう僕ですが。

 

夏休みの宿題とかも溜め込んじゃうタイプで

29、30、31のラスト3日の集中力で自分を支えてた。

ちょっとしたマゾはそこで形成されてきて。

 

人生が進むにつれ課題量は増えるのに

味を占めて己に酔って

始動が、ラスト3日からラスト1日になって

毎度お馴染みの地獄を見る。

 

多分根っこは変わらんのだろうな。

やり方が上手くなるだけで。

 

 

2013,8,19~9,1

・お笑いの大会

・バレーの大会

・ゼミ合宿@北海道

 

 

サークルの1代上の先輩漫才師が「認定」された今、

果たして自分が出たお笑いの大会ってナンナンだろうと思う。

それすらも結果を出せなかった自分はナンナンだ、ナンだ。

 

経験値としては

3分半~4分を削って大会用2分にするのは無理があるということ。

2分なら2分でそれを作らなくちゃならない。

特に自分らはちっさいボケを集め集めして2段目3段目を意識して作っているから余計。

3段目削るとしょぼくなるし1、2段目あっての3段目だし…。

 

なんて考えるのもイタちっぽけ恥ずかしいほど、すんげぇ先輩がいる。

お笑いライブというものにもっと足を運んで触れ続けたい。

 

 

バレーは熱かった。

お邪魔している友人のサークルの大会で試合にも出させてもらった。

バレーも野球もナガレがあって、

エースにかかるプレッシャーがあって、

それをハネノケル強さはとことんカッチョいい。

 

ゼミの合宿はいろいろベンキョウになったので別にまとめる。

 

あとはバイトばかり。

世間一般の夏休みが終わり、僕もプールのお兄さんの赤Tシャツを脱ぐときが来た。

「来年もお兄さんいる?」とチビ達に問われて気づく来年の、無さ。

「来年は別のお兄さんがいるよ」と言って気づく、自分がお兄さんのセキを譲りつつあること。

 

 

夏陰』や『夏の終わり』を一通り聞いて思うことは、

いや僕、秋派やんか。ということです。

夏にしっかり踊らされ、たっぷり日に焼けた夏が、

終わりました。