読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心頭滅却すれば火もまたスズシ

わるあがきはじめました。

169

2013-11-24 22:09:23 

 

「明日から利き腕の使用を禁ず」

という御触れが突然出ても、

ぶーぶー言いながらすぐに順応していくと思う。

3日目には「いらないんでもう斬っちゃって下さい」とか喜んで言い出しそうな。

 

軸とか癖とかルールをあまり持たないのは、良くも悪くも昔から。

ガンコでもないし、こだわりは少ない。

メシは食えリャいい。服は着られリャいい。髪の毛無くても死ニャしない。

大学入って最初のバイトの時給は300円近く友だちと差があったけど、そこそこ長く続けたし。

 

そんな感じで次の所属先でもやっていくんだろう。

そんなことを考えながらケンシュウをしていた。

 

 

2013,11,18~11,24

・内定者研修

・卒論合宿

・女優と接触イベ

 

 

そりゃ、ここが変だようちの会社、話は友だちとする。

けど単なる話の種としてであって、実は満足も不満足も好きも嫌いもない、今んとこ。

こんな僕を雇ってくれる有難みと

まさか自分がこの業界に、っていうびっくりと。

ただとにかく「仕事」をしたい。

報酬はきっと多くはないなら、その分「仕事」それ自体に甲斐と価値を。

 

J.k.ローリングは『ハリー・ポッター』の最終章を先に書き上げ金庫に入れていたという。

僕も、ストーリーは全く見えていないけど、なんとなく人生のオチのイメージはあって、

その間に、フレッドが死のうが、スネイプがいいヤツだろうが、

多分サゲは「あー、楽しかった!」なんだと思う。

 

 

ちょうど100回目くらいの「このゼミでよかった」と思った瞬間、八王子のセミナーハウスに、誕生日ケーキが舞い降りた。

さすがに誕生日当日なら「わーびっくりした!」なんて白々しくて言えないけど、フライングおめでとうにはびっくりして、何もreactできなくて、周り冷やしちゃった。

なんなら自分から「もうすぐ誕生日なんさ~」なんて言っちゃってたし、僕はそういうとこホント駄目だ。楽しみなことがあると隠せない人間的薄さ、軽さ、小恥ずかしい。

 

特にナカヨシな友だちから本も頂いた。

本を贈るのってやったことあるから分かるのだけど、

正解選ぶのめっちゃ難しくて、その意気も粋で嬉しくて御礼を言ったら、

「意味はとくにない」ってこっちの深読みだったらしくそれもまた小恥ずかしい。

 

女優さんってのは、はいまぁそっち系の女優さんです、はい。

サインを頂き、握手もしてもらいました。ホンモノを見るっていう貴重な経験ですよ、別に、何も、ね。

 

 

夜風を浴びて散歩をすると、

あぁ、こいつは、僕が生まれた季節の風なんだなぁと思う。

おかげさまの風が吹いている。