読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心頭滅却すれば火もまたスズシ

わるあがきはじめました。

205

「人事を尽くして、タグ付けを待つ。」

 

笑いすぎた夜、燥ぎすぎた晩。

飲み過ぎて回る酔い、お月さんも丸く宵

カメラマンへと立ち回るやつに気を付けろ。

 

パパラッチおなかをすかせてやって来る。

みなのお宝の一枚を狙っている。下衆イ話はたいてい素面が覚えている。

 

年末年始&成人式後の顔本は、見たことない顔まで綴じられていたりして、

あたいこんな変顔してたんかいと、公開範囲におびえる。

えぇいままよ。見ないでママよ。そんな、

「人事を尽くして、タグ付けを待つ。」

 

年明け、高校の同窓会が、そうじゃないかなと踏んでたんだけど、楽しかった。

ある時期を共に過ごした人たちって共通言語がある。

そりゃそうなんだけど、本当にそりゃそうだった。

アッタマいい高校に加え、オットナな代だったらしく、イッゴコチがよかった。

 

開始前は実は緊張、神経過敏。視線は虚空を彷徨い喉は渇き。

憧憬した彼の女性にも話かけず。部活動の仲でも上滑り。

 

ハードルを上げすぎていたんでしょう。

「写真撮って」って言われたらどんな顔しようなんて考えているからモテナイ君。

「写真撮って」って手が空いてるからカメラ渡されるモテナイ君。

3枚目は続くよ、どこまでも。それくらいのほうが楽しめる。ほら楽しめた。

実りのある話なに一つせず、

香りを持って帰るというか。

変わってないね、やら、トウキョウでも飲もう、やら、

同級生の女の子の「お仕事頑張って!」はもう、なんていうか、ほっぺ落ちちゃう。

 

日々たたかっておりますが、何とかやってます。

何とかやれてます感を、

理系の多い高校でちょっと先にシャカイに飛び出した人間として、

何とかやって行きたいです。

 

ちなみに同窓会「今何してんの?」に対するベーシック回答は

「院」「学生」「浪人」でしたが、

吹奏楽部で華奢だった女の子の回答

「佐賀でハム作ってる」

が一番おもしろかったです。