読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心頭滅却すれば火もまたスズシ

わるあがきはじめました。

224

夜は寒いねー。

と同期のナカヨシから何気なく言われて、さてここで問題です。

「月が綺麗ですね。」はI love youの訳だと言われていますが、

「夜は寒いですね。」は、どんな意味でしょう?

 

「最近ポエム呟かないですね?」って、こちらは後輩のナカヨシに言われて、

ケッと思いつつ、ハッとした。シッ!

確かに、お付き合いもしておらず、仕事のオツキアイしか発信できてない。

これじゃいかんと頭の体操。思い出せ、あの日あの時あのマセガキ。

「世界の名言集」がバイブル、心のふるえまるでバイブ。

このヤロウ、クサいこと言ってヤロウ。これも立派な1つの【業】(1ギョウ:生活の中心をささえるしごと。2:ゴウ:理性によって制御できない心の働き。3ワザ:おこない。)

もうこれただのオヤジギャグで、確実におじさんになりつつある。

 

さて、冒頭の問い。

「夜は寒いですね。」は、「さみしくしてない?」だと答える同期。

「夜は寒いですね。」は、「先、布団あっためとくよ。」だと答える僕。

 

付き合いたての子のお話とか、長年付き合っているお二人のけんかのワケとか、耳勃起させて聞いちゃう。確実におじさんになりつつある。

もっと言えばよくわかんないんだけど、僕1人と美女4名みたいなご飯もあって、オネエ的な立場になってきてる。もう、どがしこ~!(方言です。)

 

高校時代の友人に会って思い出す、あの日あの時あのハイスクールスチューデントライフ。

「明日朝起きたあたしをきゅんとさせるような文章送っといてね、ではおやすみ。」

という鬼特訓が僕を育ててくれました。

なんだったら寝ぼけてるんだか「おやしみ」っていうメールですら愛おしく感じてました。好きな人用の受信メロディありましたよね?設定してましたよね?ね?

僕の誕生日には、自分のお気に入りの曲をまとめてアルバムを作ってくれてたんだけど、聞くと序盤は明るい曲が多いのに、どうも後半は失恋だったり、寂しい曲だったり。なぜに君は恋人に失恋ソングを贈るんだい?って聞くと

「アルバム聞き終わったあと、寂しくなってあたしを思い出してくれるように。」って。

そんな、100点満点の乙女心が僕を育ててくれました。

 

さて、冒頭の問い。

僕の回答に対してシンプルに

「寒っ!」っていう同期のリアクション、100点満点はなまるです。