読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心頭滅却すれば火もまたスズシ

わるあがきはじめました。

260

『博愛主義だ。Laugh&Peace。誰とでもすぐナカヨシだぜ。そんなスタンスでso long来たけれど(参照ファッショニスタ大仏)、どうもニガテな人柄が一つあるらしい。最近気づいちゃってさ。

偏見を盛大にまぶし、あえてカドを立ててみる僕が唯一苦手な人、そう「帰国子女」とうまくやってける気がしない。

やれ合コン、盛り上げ役を全力でマットウするマットウなピエロ、人数合わせでも。引き出し引き出して探すエピソードトークそのオチの、ほんのちょっと手前で「注文いいですかー?」っていいわけないだろカンベンしてよ。自己紹介でちょっとへんな間を含んだときから嫌な予感はしてたのさ。「ともちゃんあれだもんねー」って友人たちのそういう間。えー帰国子女なんだー!っていろいろ聞かないといけない我々もまぁ。

そういうものなのよ合コンってきっと。あんなものに出会いとか運命とか何一つ期待していなくて、日ごろ持て余しまくってる「ウケたい」をただただ全力で発散させる場なのだ。だから全力でチヤホヤするんです僕らは。だから全力でウケていただきたいのです。いや、もちろん実力足らずツボ違いはあるでしょうお詫びはしますよ侘びと寂び。だからってマクドナルドの発音いじっただけでそんなに拗ねないでよ。そりゃ団体芸の大オチに振っちゃうよ。

なんというか自分の間を持っている人が得意ではなくて、昔の言葉で言う自己チューが。俺が俺があたいがあたいが。人の心情を察さないでモノを言う。いや、だってこうだから。いや、だって私がこうしたいから。昔受けた広告代理店の3次面接グループディスカッションでもそれを感じて、僕はすぐにウワッてナッてトッてもやる気がなくナッチャッたし、強がり半分落としてくれてよかったなって思ってる。彼ら、超COOLなのだ。コンプレックスみたいなもんだ。自分が持ち合わせてないから憧れるし、恐れるのだ。

で、経験上えてしてそういう人は「帰国子女」だったりすることが多い。おかしいな実は僕だって幼少期ミネソタにいたんだけどな。現地の幼稚園に通ってて、僕が通い出してから、それまで口も聞かず全く仲良くなかった中国人の子と韓国人の子が、僕きっかけで仲良くなったなんてエピソードも聞いたくらいなのにな。でも確かに空気を読まない意思表示はあっちではものすごい大切で、僕なんかは幼稚園の先生が塗る激アマなピーナッツバターになかなかストップが言えず、いやアダルトだしそこまでチャイルドに甘いもん食べさせないですよね、程度ってものわきまえてますよねって任せっぱなしにしてたらなかなか止めてくれず激アマなパンを食べざるを得なくなったトラウマもある。まだまだですね、精進します。心頭滅却すれば火もまたスズシ。』

 

なんて話を笑って聞いてくれる。

目の前にいるあなたが、僕は本当は一番苦手です。

その笑顔に何度だっていちころだし、相変わらず可愛いなおい。それはボケか?可愛すぎるっていうボケか?

あれから僕はさっぱりですよ。合コンだって前述の通り。そりゃシャカイに出ていろいろ見てきて最近、あなたの言ってたことが分かるようになってきましたよそれは例えば「ワンピース着ている女の子はかわいい」ってこととかさ。

前髪が決まらないだけで不機嫌になったり、きれいにお化粧ができた日は外に出歩きたくなったり。知ってるよ、ファンデーションは首の色に合わせるんでしょ。気づかなくていいとこに気づくくせ、気づいてほしいところに全く気づかないよねって職場の同期に言われたよ。あなたにもそういうダメなところを見せまくってしまったかと思います。振られた理由って、なにこれ、あとから分かるのね。

一緒に過ごした時間はだんだんと薄れていくけど、いつかのクリスマスあなたの家族に誘ってもらって一緒に食べた晩ご飯、あの幸せな美味しさだけは一生覚えている気がします。

 

元カノなんて言葉は使いたくなくて、すげぇ気心知れた、すげぇ好みのタイプの、すげぇ一生かなわない人に会ってもらって元気?とか婚活してる?とかそんな話をしてそうじゃねぇだろって思ってもやもやして会ってしまったからこそ絶対に戻ることはないのねってなんというか心の溝知っちゃってでも顔には出さずまた誘うからなー彼氏できたら教えろよー!なんて強がってみたもののそんなん知ったら僕は南の島に行って星を眺めるくらいしかできなくなっちゃうから言わないでいいや、ただSNSで知るくらいなら教えてほしいみたいなとこもあるからとりあえずまたたまに連絡するよ元気しててね人よりいつもちょっとだけなんでだか幸せでいられますように。

 

サンタさんへ

明日朝起きたあの子に、欲しいって言ってたプレステVRと大好きだったハリボーのグミを。

あと明日朝起きた僕には、新しい恋を。

メリークリスマス。