読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心頭滅却すれば火もまたスズシ

わるあがきはじめました。

267

ん、桜かな?

いやまだ早いな、梅かな由愛可奈!ってお思いの皆さん残念でした河津桜でしたー。知らんがな。河津桜は1、2月に咲く、ちょっと早い桜なんです。前期合格みたいなもんかな?指定校推薦みたいなもんかな?知らんがな。ソウロウみたいなもんかな?「また先に いっちゃったごめん うつむいた あなたがこんなに 愛しいなんて」って昔なんかのサイトで見たアダルト短歌かな?クリックしちゃうよね。知らんがな。

 

お仕事と書いてキャパ越えと読む。「もうだめだ」と「かかってこい」を繰り返して、反復横跳びの息切れ。僕みたいな小心者になると上手くいった時でさえ「ドヤ」ってのは実は全くなくってただただ「よかったー」がくる。ほっとする。いい仕事はストレスを溶かすってのはこれでも3年続けてみた感想。プラスがあってもマイナスがあっても、「おもしろかったですたのしかったです」に集約させるような、案外小学生の感想文みたいに生きられたらよい春よ来い。

 

やれ年度末。あっちへ行ったり、こっちへ行ったりすることを人は春と呼ぶのです。キャパ越えしているときに思い出す、高校時代の1つのイベントと恩師のお話がある。っていうお話をする。

 

今じゃほとんどの学校でやらなくなってるらしい、卒業生に予め餞を送る会、そう予餞会。僕の通った高校にはまだ残っていて、1月センター試験が終わって1週間くらいか。近くの県立劇場を1日押さえて全校生徒を集めて、今ではどうなのか分からないけど盛りだくさんのコンテンツをお届けする。3年の受験生にとってはとんでもなく貴重な時間に、である。この時点でちょっとアホである。

各クラスの1軍に属していたような女生徒たちが轟かす太鼓部の一糸乱れぬ演奏から始まり、うってかわって全く伴奏に合わせる気のないひょろひょろよろよろの応援団のエールで締まる。普通に考えて逆である頼むぜ。もっと言うと、締めようとするとちょっと待ったと奇声を発しながら一人の男児が壇上に上がり握りしめた両の手の拳を天高く付き上げる伝統的なショートコントがあるんだけど、ここでは触れないでおこう。話すと長くなるし、あれちょっといいよなぁって思ってるし。あと時期的にも精神的にも絶対落としちゃダメだろジャグリング部は、普段全く表に出ないのにここぞとばかりに県立劇場の舞台に立ち、おもしろいくらいに落として帰って行った。部員に友人がいたんだけどちょっと悔しがってた。

そんな中、僕も高2の頃、全校生徒の前で漫才をさせていただいた。冴えない僕らの昼休みは男5人くらいでUNOだったか大富豪だったか飽きずに毎日やっていて。あれなんなんだろ、お金とか一切かけてないし、何の罰もかさないのに、ずーっとやってんの。そんな僕にいきなり天使が、と言うか生徒会長が舞い降りた、と言うか普通に歩いて訪ねてきた。ガラガラガラって、僕に用があると言う。へいへいコクられちゃうのかよなんて伸ばしてた鼻の下は「あんた面白いらしいな?」の一言ですぐに元に戻った。いえ、面白くございませんなんて言えず、えぇまぁと言った。気持ち悪め。なんか面白いことやってってお題に対して僕が出した答えはNONSTYLEの完コピだったんだけど、あれ間違ってなかったんじゃねぇかなって今思う。だってほら受験生、スベったらダメだからさ。そんでもって同じ野球部の大田君を誘って、それ以来大田君のおばちゃんはじめファミリーからすごく感謝されてますっていう話。以上。あと、翌年も野球部の後輩で、控えピッチャーだった2人が引き継いでくれてなんか伝統になったらしい。今ではどうなのか分からないけど。ちょっと嬉しい。

 

で、だ。

ユーモラスでダンディーな英語の山本先生がいつだったか言ってた。うろ覚えで恐縮なんだけど。予餞会をなんでこの大事な時期にやるかって話。

ズバリ、余裕を見せつける会なのだ。まだ、大丈夫。これからでしょ?余裕だぜーってのを餞としてやる。やってやる。

どこの高校もやらなくなった。まして受験シーズンまっただ中。けどクマタカは違う。もちろん二次の配点が高い大学を受ける人が多いってのもあるけど、そんなの抜きにしてもあえて全校生徒で余裕だぜって見せつける。大丈夫って言ってみる。

だから大いに笑うし、先生たちの出し物もけっこう本気でボケてくる。

インフルなったら大変だからって客席みんなマスク装着が義務付けられて、ウケてるかよく分からくなってもそれでも。結局6割くらい浪人するような自由な校風なんだけど、広くて浅いやつもうGood nightってSuchmosも歌うように、そうじゃなく深めなおもろめな人が多かった。僕のテストの点なんかはほんとうんこちんちんだったけど、時たま戻りたくなるし、がんばんなくちゃなと思う。

 

やれ年度末。キャパ越えしたって大丈夫。口笛吹いて(吹けないんだけど)北風ピープー立ち向かう。ブログ書いてる暇あるならやることやれよってあなたは思うかもしれない。そうなんだ。分かっているんだ。明日はすぐそこだ。よゆうよゆう~(白目)。