心頭滅却すれば火もまたスズシ

わるあがきはじめました。

272

麦茶の美味しい季節。パンツ一丁の生活。貧弱なまな板を見て「人間ひまになると筋肉を鍛えだす」って友人の発見。

いやらしいほどの晴天。正しいことばかりなの聖典。「とは言えお仕事はとても順調なの」というでんぱ組の歌、浅野いにおの歌詞。

この家4年目。1人暮らし8年目。いやそんなことはないと思っているけど、結婚できなかった時に備えて煮る大根と人参と鶏肉。

好きな曲はyoutube。スポティファイとサウンドクラウドもいい感じ。ホントに好きな音楽は楽譜買って弾く。1曲覚えたらそれまでのすべて忘れちゃうあたり才はないごめんなさい。

昨日まで僕の中の100を占めてたものが時が経って0になることが増えた。100の不安、困難、憂鬱は時が解決してくれて、それでよかったのか確認する前にすぐまた何かが100になる。

「キャンプは順調です!」と聞いて、「昨年最下位のチームが順調ということは今年もまた最下位ということだ」と危惧したらしいオリックス宮内オーナー。同じことを繰り返しながら違う結果を望むこと、それを狂気という。とはアインシュタインの言葉。可もなく不可もなくが危険な日々。ようこそ憂鬱。ありがとう文春。

「好きな女性のタイプを聞かれたら必ず2人あげなさい。そしたら勝手に相手が線でつないでくれるから。」ってTwitterのタイムライン。皆藤愛子さんと仲村みうさんってこたえるんだけど、来月いよいよみだらな映像にご出演。買うか買わないか。to be or not to be。

ビール一杯で眠くなるようになる。飲まなくても酔っぱらえる気がする。お酒の力を借りなくても面白い人たちがいる。彼らを知っている。なりたい大人になる。なりたくない大人にならない。

何とか生きている。長生きする気はしない。半年に一度39度が出る。必ずインフルの鼻穴ほじほじも、結果は陰性、俺あるある。気管支が弱いらしい。寝てないとき心臓が痛くなる。死ぬのだけは怖いから、最後の最後は無理をしないと決める。

手触り感のある言葉を。自分から生まれた感覚を。閉じこもらないようインプットと同じ量アウトプットを。結婚してく友人には花束を。思春期みたいな恋を。一生かけてもいいような趣味を。美しい景色を。豊かな美味しさを。思い出したくなる香りを。死んでもいいと思える夜を。やっぱごめん死にたくはないなって撤回する朝を。発狂しそうな孤独を。向き合える自尊心を。いいね!よりありがとうを。ごめんなさいよりおやすみを。

広告を非表示にする