読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心頭滅却すれば火もまたスズシ

わるあがきはじめました。

19

2013-04-24 01:29:13 

 

中学くらい

左肩に痣が表れまして。

 

小学んときはNothing

原因は不明ですが

野球部恩師の「利き腕で荷物を背負うなばか殺すぞ」という教えを純粋に守った結果ではなかろうか。

 

 

もう、すーごい嫌で。

泳げるけど、プールの時間、地獄。

 

母ちゃんに相談するも

「ばあちゃんにもあった!」

と遺伝に感動、救われず。

 

 

ぎりぎりの気持ちで臨んだプールで

クラス一のバカ明るい奴(まるちゃんで言う山田)に、も

痣があったんです。

そいつは胸の中心に。

 

よりによって山田、と思ってたら

 

「おっお前も痣あんじゃん!俺たちエグゾディアだね!ほかのパートの奴探しに行こう!」

 

というすっとんきょうなアホ言葉。

 

補足

エグゾディアってのは遊戯王カード「封印されしエグゾディア」ってやつ。

他に「右足」「左足」「右腕」「左腕」があって

それぞれはヨワッチイんだけど

計5枚手札に揃えれば、その時点で特殊勝利を決め込むっていうアホアホな特殊カード。

 

要するに

僕は左肩だと。

山田は胸の中心だと。

他にも全国に痣パーツがいて、揃えば俺たちは完全体、即、勝利だと。

 

意味は分からんよ。

でも

優しいぼけだったなぁ。

 

救われた、とまでは言わないけども

個性を受け入れられたのは、ヒテイできない。

 

笑いに変える

ってのを初めて実感した思い出です。

 

優しく優しく、じゃなくて

おもろおもろ、で。

何か残れば。