読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心頭滅却すれば火もまたスズシ

わるあがきはじめました。

143

2013-10-09 11:36:23 

 

いいこともわるいこともない一日は、

いいこともわるいこともあったけど、気づかずチャラにした一日なのかもしれないし、、

それってさては「いい」側の一日だったのかもしれないし、

そんなことを考えながら神無月

いかがお過ごしでしょうか。

 

がんばるおじさんの話が大好きな僕の

最近よく聞く曲を紹介しよう。ゆけっ、オンガクセイ!

 

 

『ルキンフォー』スピッツ

 

節とか歌詞とかじゃない。

この曲の、ようつべ「評価の高いコメント」が

社会人一年目の頃この曲を毎日聞いていたから頑張れた。

という若いサラリーマンのお話だから好きなのだ。

 

歌詞に共感するのではなく、

歌詞に共感したおじさんに共感したから

この曲を、ようつべれぺあt、するのだ。

 

どうだ、これが僕のオンガクセイだ。違うだろ。

 

なんとなくだけど『ルッキンフォー』じゃなくてよかったと思っている。

「よっこいしょ」より「よこいしょー」みたいで。

 

 

そしてもうひとつ

『keep』Black Biscuits

 

と言ってピンと来る人は「この顔にピンと来たら…」のピンより少ないだろう。

ようつべでも700ほどしか再生されておらず、どっかの高校の体育祭と同じくらいのヒキ、そんな一曲だ。

それでも、あのブラビである。

 

ブラビのアルバムには知られざるかな、

『STAMINA』や『Timing』などのメガヒット曲に混じって、

南々見狂也(ナンチャン)や天山(天野っち)のソロ曲が挿入されていたのだ。あぁこの設定懐かしや。

そのナンチャンの曲が『keep』である。

コドモのころから、メガヒット曲よりおじさんの謎のソロ曲に注耳していたのだ。

 

どうだ、これが僕のオンガクセイだ。解散か、いいだろう。

 

そんでしばらく空けてオトナになって歌詞を知ってまた聞く。

イントロから、溢れんばかりのthe 90's

まるで胎内のような安心感は僕も、the 90's なのだな。

「『セロリ』聞きながら寝ると快眠」説を唱える友人がいたが、

私は『keep』を推したい。知名度から、惨敗しても。

 

分からないけど、こんな同棲をしたい。

人生が例えば、いいことわるいことだけじゃないとしたら

「わるくない」日々を過ごしたいな、と。

 

ナンチャンが「わるくないね」って言って手を広げている画、不思議と簡単にイメージできる。

「わるくない」今日を過ごしたいと、願う。