読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心頭滅却すれば火もまたスズシ

わるあがきはじめました。

75

2013-06-26 00:07:27 

 

今読んでる三谷幸喜のエッセイの

 

自分に、勝負運がまるでない。

理由は分かっている。

勝つことより、その場を盛り上げることに神経を使ってしまうからだ。

ドラマチックな展開や、ゲームとしての盛り上がりを考えてしまう「作家魂」が原因だ。

 

という部分が、共感を通り越して、

僕そのものでした。

いや、確かにサッカダマシイは、恐れ多い。けど

僕も勝負事は、どうヒックリカエスかだと思っています。

 

 

大富豪では、

早く上がるより、革命、もしくは、革命返しを狙ってしまう。

7並べでは、

6や8が出ていないときは、僕が持っていると思ってもらっていい。

 

といった、びちゃびちゃに可笑しいたとえに、感心した。

けれど僕も、一字一句漏らさず、その気持ちを持っている。

僕なりに暮らす中で見つけた性格的自己分析を、こうもさらっと言われた悔しささえある。

 

 

思えば、高校野球

先発した私は9回まで1失点。

3-1で勝ってたが、9回にボコ打ちされ一挙6失点で逆転負け。

相手チームは勢いをつけそのまま優勝した、ことがある。

 

もちろん力負けなんでしょうが、

私の中の勝負師が、あれまエンターテイナーに早変わり。自分が末恐ろしくて仕方ない。

 

世界中で愛されるボードゲームカタンの開拓者たち」でも、ハナから勝利には興味がない。

その時々での1位を邪魔することしか考えないのだ。

何でも、ひっくり返さにゃ。

 

 

今流行っている人狼

やったことはないが、

僕なら占い師だとカミングアウトしたヤツを疑い続けるだろうし、ゲーム中に心筋梗塞くらいは装うだろう。

 

当然、真剣勝負に水を差すため、嫌われてしまうことにもなる。

これはそういう星の元に生まれたので仕方がないのだ。ひっくり返さにゃ。

 

これについては人生の美学なので、もう1つ書く。