読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心頭滅却すれば火もまたスズシ

わるあがきはじめました。

219

「あなたが、好きです。」というより、

「あなたは僕の、アイドルです。」の方が届く気がする。

げー、なに言ってんだこいつきもちわるい。のお力も借りて。

 

劇団ひとり先生の『陰日向に咲く』の

拝啓、ボクのアイドル様のおはなしが好きだった。こないだ帰省したとき中学ぶりくらいに読んでやはり。

好きだった同級生がアイドルになって、不器用な愛を送り続ける主人公に自分を重ねて

一途さとか切なさとかそれでいいんだそれでいいんだってサンボマスターのタンバリンの曲みたい背中押されて。

経験が乏しくてよくわかってないけど、お付き合いをするときのパワーバランスも僕はそういうことなんじゃないか、って思ってる。つまり、いやいや、あなたはアイドルなのですぞ。人前で僕みたいな者と手なんか繋いで良いものですか、いや~ない。

中学の卒業アルバム、うろ覚えなんだけど、伝えられなかった好きだった子の将来の夢が先生になるって聞いてたから「素敵な先生になって僕らみたいなヤロウどもをきゅんきゅんさせてください!」って書いた。きっと勝手にアイドルとして見てて、そこには憧憬とか、もっと言えば身分差みたいなのがあって、そこに酔っていたんだと思う。

そのコメントをどう思ってくれたかなんて一生分からないけど、僕のあとに書いた、スクイズをショートまでふっとばし僕らの県大会出場を阻んだカワバタというバカデブ男が「お前のコメント、、やるな」と褒めてくれた。いいから罰走して来いよ。

 

長くなっちゃった前置き、今Negiccoさんにドハマりしております。この夏は 日本の夏 Negiの夏。

知れば知るほど、聞けば聞くほど。かえぽ推しですけどみんな好きです。

言ってもやついフェスからのド新参なんだけど、TIFと日比谷と追いかけて、もう、すんごい楽しい。ド新参だからこそ、唯一できるケチャだけはすごい心を込めている。届けばいいな嬉しいな。

呟きも追いかけていると、アイドルのおはようはとっても元気をくれる。好きな子とげた箱でたまたま挨拶してよっしゃっていう感じ。

それで言うと、「暑いけど今日も1日がんばろ〜」的なのは実はすこし余計だったりして、げた箱でそんなん言われたら、ちょっと引くもの勝手なオタク。

でもってこんな僕なんかにって戸惑いつつ嬉しくってなんか有益な情報言わなきゃって「ぅお、おはよう!…あっ今日の国語の授業はさ、」って言おうとしたら、アイドルはやはり友だちが多いからたくさんのおはよ〜の軽い返信をもらっていて、それ見て自分のコミュニケーションはやや重ためなことに気付く。学生生活、ずっとこんなげた箱だったなぁ。

ついでに、やたらめったら水着にさせるアイドル業界は悲しいなぁ。いいじゃんグラビアアイドルとは違うんだから、歌って踊ってきらきら可愛くしていれば。アイドルできちゃう子の自己顕示欲を焚きつけるだけの安易な方法は、あたしの乏しい胸が痛い。

 

こんなのひっくるめて、TIFで興奮した僕のお話を「やらしい」と職場の同僚女子は言い放ち、それに悲しいかなまた少し興奮する。この4文字「きもい」より意味があって、「いやらしい」よりライトで。その手があったと手をたたく。

 

あーこりゃしばらく、彼女できそうにありません。